映画化希望

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月24日

■その3
 ほとんどの家のお母さんは朝が大忙しだ。新聞配達よりも早く起きて、子供達の為にごはんを作る。誰か手伝ってくれる人がいればいいけど、大抵は1人でこなさないといけない。
 セバスチャンの家はというと、セバスチャンとマリアの2人暮らしで、マリアを手伝ってくれる人は本当に誰もいなかった。その事をよく知っているから、マリアは逆にがんばれた。
 マリアは今日もセバスチャンより早く起きていた。何年も前に買った目覚まし時計がジリジリと鳴り出すので、ほとんど寝坊する事はなかった。目が覚めると、いつものように顔を洗ってから鏡で自分の顔を見た。最近は目の下のクマが気になり始め、鏡を見ると少し落ち込んでいた。だけど、落ち込んでいる暇なんてなかった。マリアのクマの事なんてほったらかしで、仕事に行く時間も、おなかをすかせたセバスチャンも迫ってくるからだ。
 着替えている暇なんてないのでパジャマのまま朝食を準備していると、眠そうな顔のセバスチャンがキッチンに現われた。セバスチャンは何故か知らないけど、いつも早起きだった。セバスチャンにミルクを飲ませて、朝食をとらせて、着替えさせて、歯磨きをさせた後で、やっと自分の朝食を食べた。
 朝食を食べた後、洋服に着替えていたら、もうそろそろ家を出ないと間に合わない時間になりそうだった。一応お化粧して、最後にもう一度鏡を見て「よし!」と言った後、家のチャイムがピンポーンと鳴った。
 マリアが玄関のドアを開けると、そこにはのっそりと背の高いくたびれたスーツを着た男性が立っていた。
「おはよう。マイケル先生。やっぱり時間通りね」
「おはようございますマリアさん。あと、私の事は先生ではなくドクターと呼んで頂きたい」
 マリアはにっこり微笑んだ。
「あら。ごめんなさいドクター」
 そう言った後で、マリアはフフッとおちゃめな顔でマイケル先生を見た。マイケル先生はボサボサの髪型の頭をポリポリ掻いて後で、自慢のメガネをクイッと上に上げた。それはマイケル先生の照れた時の仕草とマリアは知っていたので、再びフフッと笑った。
 近所の人達がマイケル先生をドクターと呼ばないのは、マイケル先生は去年教師になったばかりの若者だったからだ。それに、国に認められている「本当の」ドクターでもない。
 ただ、マイケル先生は何か一つの物事でも懸命に興味を持ち、研究を続けていれば、ドクターと呼べるという持論を持っていて、自分にはその自信があった。国の考えた基準などに縛られていては、様々な可能性を潰しかねないという考えもあってのことだった。
 実際にマイケル先生は優秀な学生だったし、周りの「本当の」ドクター達からも一目おかれていたので、決して自意識過剰な訳ではなかった。だけど、マリアもトムおじさんもマイケル先生を子供の頃から知っていたので、ドクターなんて大げさな呼び方に違和感があった。そこで、2人はせめてもの敬意を示して「先生」とは呼ぶようにしていた。
 今のマイケル先生の研究対象はセバスチャンだった。なぜ、マイケル先生がセバスチャンに興味を持ったかというと、セバスチャンの目の病気は少し不思議な病気だったからだ。今はまだわからないが、ひょっとすると病気ではないのかもしれない。
 セバスチャンは外見からすると普通の子供とまったく変わらない。常に目を閉じている訳でもないし、目に外傷があるわけでもない。目が見えないとはセバスチャン本人がそう言っているだけで、医学的に見ればセバスチャンは正常な人間という事になるらしい。
 マリアはセバスチャンの異常がわかった時に、色々な医者に相談したが、返ってくる結果はいつも同じだった。
「体に異常はみられない」
「目が見えないはずがない」
 中にはセバスチャンの事を嘘つき呼ばわりする医者までいたが、マリアはセバスチャンの言う事を信じた。そして、マイケル先生も信じている。「よくわからない事がよくわかった」からだ。「よくわからない事がよくわかった」はいい事だ。そこから新しい進歩が生まれる。マイケル先生はそう考えていた。
 マリアはマイケル先生と交代で仕事に出かけていた。近所のスーパーマーケットで朝から晩まで働いていたので、マイケル先生が来てくれるおかげで、安心して仕事に打ち込むことができるといつも感謝していた。
「マイケル君が来てくれて本当に助かるわ」
 マイケル先生は再び頭を掻くと、お堅い口調で言った。
「いえ。私は教職としてセバスチャンに教育をする義務がありますから」
 セバスチャンの暮らしている町は、障害者に対する手厚い補助を行っている。セバスチャンの場合は障害者と認められるかが難しいところだったが、マリアが「こんなに小さい子供がそんな嘘を言うはずがない」という当然の訴えを続けた結果、町はセバスチャンを障害者として認めた。
 普通はセバスチャンの年頃になると学校に行かなくてはいけないが、学校内で事故が起こる事を危惧した町は、教師を家に訪問させる事に決めた。そこでやって来た教師がマリアもトムおじさんもよく知っているマイケル少年。つまりマイケル先生だった。
「じゃあ、マイケル先生、今日もお願いします」
 マリアはマイケル先生に一礼をした後、笑顔でバイバイの仕草をして急いで家を出て行った。マイケル先生はいつも素敵な笑顔だなと思っていたけど、思ってはいけない気がしたので、下がったメガネをクイッと上げて、家の中にズンズン入っていった。
スポンサーサイト

■コメント

■こんばんわ。 [ベイビーラブ]

お話つづき楽しみにしてますi-179
またのぞきに来ますねi-228
では、更新頑張って下さいi-199

■こんばんは [らすねる]

初めまして、らすねると言います。
雰囲気が良いですね。地の文と人物達が合っていて、とても読みやすいです。

ではでは。

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< その4 | Blog TOP | その2 >>

プロフィール

南国特産

Author:南国特産

初めて小説を書きました。
もの凄くヘタですが、もしよろしければ読んでみてください。

感想等、お待ちしています。

最近のトラックバック

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。