映画化希望

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月07日

■その12
 その日はセバスチャンが今までで一番怒った日になった。また、一番嬉しかった日にもなった。
 ある日、いつものようにセバスチャンの家に遊びに来たジェシカがこう言った。
「もうすぐ、私のお誕生日なの」
 セバスチャンは知っていた。お誕生日は一年でお母さんが一番優しくしてくれる日だ。いつもと違って、晩ごはんは自分の大好きなものばっかりだし、ごはんの後に甘くておいしいケーキも食べられる、とっても大切な日だ。
 セバスチャンはおいしいケーキの事を思い出して幸せな気分に浸っていた。ところが、ジェシカがこんな事を言い出した。
「でも、その日はお父さんが忙しくて家にいないの」
 セバスチャンは驚いた。ジェシカが意外な事を言ったからだ。お父さんがいないんだったら、誰がジェシカを祝ってあげるんだろう。おいしいケーキを誰と食べるんだろう。
「だから、今回のお誕生日は無いんだって」
 ジェシカの声をよく聞いてみると、いつもと違って少し寂しそうだった。セバスチャンはジェシカが落ち込んでいるのがわかった。それと同時に腹も立ってきた。お誕生日はとっても大切な日なのに、忙しいからってなくしちゃっていいもんじゃない!と思った。
「それっておかしいよ!お父さんはどうしても家にいてくれないの?」
 セバスチャンが聞くと、ジェシカは少し黙りこんだ後で悲しそうに言った。
「何回も、お願いしたんだけど。やっぱりだめって言われたの・・・」
 セバスチャンは困った顔で言った。
「なんで?本当にどうにかならないの?」
「もう・・・何回も聞いたんだけど・・・でも・・・」
 ジェシカは泣き出しそうな声をしていた。セバスチャンはジェシカを何とかしてあげたいと思った。
「うーん。何とかならないかな」
 ジェシカはうつむいて言った。
「なんともならないよ・・・」
「うーん」
 セバスチャンはジェシカを励ます方法を色々考えてみた。ジェシカはその間ずっとうつむいていて、一言も喋らなかった。
「うーん。いいアイデアはないかな」
 でも、なかなかいいアイデアが浮かばなかった。それからしばらく経って、ジェシカはボソっと言った。
「今日はもう帰るね」
 その日、ジェシカは落ち込んだまま家に帰った。ジェシカの声にはいつもの元気がなくなっていた。
 ジェシカが帰った後もセバスチャンはジェシカの事を考えていた。なんとかジェシカに元気を取り戻させてあげたいけど、どうしたらいいかわからなかった。セバスチャンは自分が不甲斐なくて悲しい気持ちになった。
 夜になって、マリアが家に帰ってくると、セバスチャンはマリアにジェシカの事を相談した。
「今日、ジェシカがね。もうすぐ誕生日があるって言ってたんだ」
 まだ家に帰ってきたばかりなのに、急に話しかけられて、マリアは少し驚いたが、荷物を置いた後、嬉しそうに答えた。
「あら!だったらジェシカのほうがお姉さんになっちゃうね」
「でもね。今回の誕生日はないんだって」
 マリアは首を傾げた。セバスチャンの言っている意味がわからなかった。
「それってどうゆう事?」
 セバスチャンは少し怒ったように言った。
「ジェシカのお父さんがね。忙しくてダメなんだって。だから、今回は無いんだって。でも、それっておかしいと思わない?誕生日って忙しいからってなくしちゃっていいもんじゃないよね。だって、ジェシカがかわいそうだもん・・・。だから、僕が何とかしてあげようと思ったんだけど・・・」
 マリアはセバスチャンの言っている意味がわかってきた。そして、セバスチャンがジェシカの為に怒っている事がとても嬉しかった。セバスチャンはとても優しい子に育っていると思って、自然と微笑んだ。
「うん。私も忙しいからってなくしちゃっていいもんじゃないと思うわ」
 マリアの言葉に反応して、セバスチャンは興奮して言った。
「でしょ!でしょ!お母さんもそう思うでしょ?」
 マリアはますます微笑んだ。
「うん。そう思う」
 セバスチャンは腕を組みながら言った。
「そうなんだけどさー。だからさ、ジェシカに聞いたんだよ。何とかならないの?って。でも、そしたらどんどん落ち込んじゃって。それからずーと考えてるんだけど・・・うーん。どうしたらいいんだろ?」
 マリアは少し考えると、人指し指をピンと立てながらこう言った。
「じゃあ・・・。セバスチャンと私でジェシカの誕生日をしてあげるってのはどうかしら?」
 セバスチャンは不思議そうな顔をした。
「えっ?」
 マリアは楽しそうに続けた。
「だから、私達で誕生日をしてあげるのよ」
 セバスチャンはマリアの言っている意味がわかってきて、急に目を輝かせた。
「えっ?本当?絶対それ、いいアイデアだよ!ジェシカもきっと喜ぶよ」
「うん。そうね。じゃあ、明日ジェシカに会ったら聞いてみなさい」
「うんうん。聞いてみるよ!」
 セバスチャンはその日の夜、ワクワクしていた。早くジェシカに誕生日の事を伝えてあげたかった。ジェシカはきっと元気になってくれると思って、楽しみでしょうがなかった。早く次の日にならないかなと思い、一生懸命寝ようとしたけど、興奮してなかなか眠りにつく事ができなかった。
スポンサーサイト

■コメント

■なるほどー [らすねる]

セバスチャンが怒るなんてどういうことだろうと思ったら、そういうことだったんですね^^いい子だなぁ、セバスチャン。
それにしても、相変わらず表現が上手いですね!
セバスチャンの気持ちが伝わってくるようで、とても読みやすかったです。

■ [南国特産]

>らすねるさん
すごーく久しぶりの更新に関わらず、読んでいただいて、ありがとうございます。これからも、マイペースでやっていこうと思います。末永い目で見守ってあげてください。

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< その13 | Blog TOP | その11 >>

プロフィール

南国特産

Author:南国特産

初めて小説を書きました。
もの凄くヘタですが、もしよろしければ読んでみてください。

感想等、お待ちしています。

最近のトラックバック

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。